本部町の絶景カフェレストラン『亜熱帯茶屋』でアジアン料理!

記事内に広告が含まれています。

本部町のアジアンカフェレストラン『亜熱帯茶屋』。雰囲気抜群で眺望抜群!景色だけでも見る価値があるくらいの超絶景!食事はアジアンテーストの料理が楽しめるお店。詳しく紹介したいと思います。

本部町「亜熱帯茶屋」

沖縄本島の北部・本部町の小高い丘を上った先にあるアジアンカフェレストラン。
お店まではかなりの山道で、車かタクシーが必須です。

本部町 亜熱帯茶屋

本部町 亜熱帯茶屋 外観

駐車場がこちら。舗装はされていません。

本部町 亜熱帯茶屋 駐車場

お店を訪れたのは土曜の朝11:00頃。まだ早いのか空いてました。

建物もアジアンチック。

本部町 亜熱帯茶屋 外観

池もあったりと、インドネシアのリゾート地「バリ島」とかをイメージしているのかな?

本部町 亜熱帯茶屋 外観 池

本部町 亜熱帯茶屋 外観

案内されたのはこれまたアジアンチックなガゼボ。雰囲気抜群!ハンモックも楽しめます♪

本部町 亜熱帯茶屋 ガゼボ

本部町 亜熱帯茶屋 ガゼボ

道を挟んだ先は崖。

本部町 亜熱帯茶屋 絶景

一番奥の席がこちら。

本部町 亜熱帯茶屋 絶景

本部町 亜熱帯茶屋 最奥の席

眺望抜群!先に見える伊江島が素敵です♪

本部町 亜熱帯茶屋 最奥の席

こんな席もあります。

本部町 亜熱帯茶屋 崖前の席

席からの眺めがこちら!こちらもいい景色!

本部町 亜熱帯茶屋 崖前の席 眺望

母屋にも席があります。

本部町 亜熱帯茶屋 母屋

本部町 亜熱帯茶屋 母屋 テラス席

ここにもハンモックが!

本部町 亜熱帯茶屋 母屋 テラス席

母屋の中がこちら。冷房は効いてませんでした。

本部町 亜熱帯茶屋 母屋 店内

お水はセルフ。

本部町 亜熱帯茶屋 水 セルフ

メニュー

ランチタイムは11:00~14:00で、ランチメニューは7種類(食事1品+ドリンク1品)。
トースト系が3種類に麺類が3種類。

本部町 亜熱帯茶屋 メニュー

ランチタイム以外はフード単品やスコーン、サラダなどの軽食も。

今回注文した料理がこちら!

本部町 亜熱帯茶屋 パッタイ ガパオライス アジアン焼きそば 海鮮焼きビーフン

ヤンンバルハーブの鶏肉ガパオライス

タイ料理の中でも好きなメニューの一つ「ガパオライス」。

本部町 亜熱帯茶屋 ガパオライス

本部町 亜熱帯茶屋 ガパオライス

目玉焼きがいいんですよね~♪

本部町 亜熱帯茶屋 ガパオライス

アジアン焼きそば(海鮮焼きビーフン)

ビーフンと書いてましたが、タイ料理の「パッタイ」みたい。パッタイも大好き!

本部町 亜熱帯茶屋 パッタイ アジアン焼きそば 海鮮焼きビーフン

平麺っていいですよね♪

本部町 亜熱帯茶屋 パッタイ アジアン焼きそば 海鮮焼きビーフン

ドリンク

ランチのドリンクは「パッションフルーツ」と「ハイビスカスローズヒップティー」。

本部町 亜熱帯茶屋 南国ドリンク パッションフルーツ ハイビスカスローズヒップティー

南国にはやっぱりカラフルなドリンクが似合います。

まとめ・感想

とにかくオシャレでフォトジェニックなお店。
女性は特に好きだと思います。

崖の上から眺める眺望はまさに絶景!行くなら絶対に晴れの日がオススメ!

アジアンテーストの料理も南国の絶景カフェとピッタリ♪
ガパオライスとパッタイのようなアジアン焼きそばを食べましたが、どちらも美味。

フォーや豆乳冷麺なんかも美味しそうだったので次回是非食べてみたいです。

トーストやホットサンドなどの軽食もあるので、カフェとして利用するのもいいかも。

夕日が綺麗に見えそうな日の夕方に行くのもいいかも!というか、行きたい!!

店舗情報
亜熱帯茶屋
住所:沖縄県国頭郡本部町字野原60
電話番号:0980-47-5360
営業時間:11:00~夕暮れ時
定休日:不定休

*2021年4月3日放送『朝だ!生です旅サラダ』の「ゲストの旅」(ゲスト:本並健治&丸山桂里奈)でも紹介されました。

*本記事に掲載されている情報は2023年7月1日時点のもので、現在の情報と異なる場合があります

[PR] HISで行く南国の楽園・沖縄ツアー

[PR]
[PR]

タイトルとURLをコピーしました