【2024年オープン】沖縄の新規開業ホテル まとめ

記事内に広告が含まれています。

一度は行ってみたい人気観光地・沖縄。せっかく旅行するんだったら、新しい泊まるのもいいですよね!そこで、こちらのページでは、2024年(令和6年)に沖縄県(那覇・沖縄本島・宮古島・石垣島)でオープンするホテル、リニューアルオープンしたホテルを一覧にまとめてみました。

2024年 沖縄の新規開業ホテル 一覧

沖縄県内に2024年(令和6年)に新たにオープンするホテル(リゾートホテル・ビジネスホテル)、リニューアルオープンしたホテルをまとめてみました。
*新しい情報が入り次第、随時更新します。
*開業日等はあくまで予定です。変更になる場合があります。

開業記念割引などお得なプランが販売されている場合も多いので、予約するなら要チェックです♪

ちなみに2023年にオープンした新しいホテルの一覧はこちら。

[PR] HISで行く南国の楽園・沖縄ツアー

本部・名護エリア

プールヴィラ 古宇利島 by コルディオスマートリゾート

2024年4月1日、「ロワジール テラス&ヴィラズ 古宇利」のヴィラ棟が「プールヴィラ 古宇利島 by コルディオスマートリゾート」としてリブランドオープン(運営がソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社から株式会社アイムホームへ変更)

客室は全て100㎡以上。窓からは古宇利島の雄大な海と空の景色が楽しめる。

客室のテラスとダイレクトにつながるインフィニティプールは、沖縄最大級となる全長142m。また、テラスにはジャグジーバスも。

沖縄 新規開業ホテル 古宇利島 プールヴィラ 古宇利島 by コルディオスマートリゾート
(出典:https://coldioresort.com/facilities/pool-villa-kourijima/)

プールヴィラ 古宇利島 by コルディオスマートリゾート
住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利126-2
電話番号:098-954-6496
総客室数:14室
NEW プール
*2024年4月1日リブランドオープン

プライベートコンド古宇利島

2024年4月1日、「ロワジール テラス&ヴィラズ 古宇利」のコンドミニアム棟)棟が「プライベートコンド 古宇利島」としてリブランドオープン(運営がソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社から株式会社アイムホームへ変更)

全てのゲストルームが100㎡。広々と開放的なリビングダイニングにはキッチンも備え、古宇利島で暮らすように過ごすことができる。

共有のプールや、古宇利大橋を一望するダイニングやバーもあり。

沖縄 新規開業ホテル 古宇利島 プライベートコンド古宇利島
(出典:https://coldioresort.com/facilities/private-condo-kourijima/)

プライベートコンド古宇利島
住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利126
電話番号:0980-51-5500
総客室数:44室
NEW プール
*2024年4月1日リブランドオープン

The Pool & Sauna Villa MOTOBU(ザ・プール&サウナヴィラモトブ)

2024年1月からリニューアル工事をしていた「プールヴィラ マリーナ本部 by コルディオプレミアム」が、2024年4月、「The Pool & Sauna Villa MOTOBU(ザ・プール&サウナヴィラモトブ)」としてリニューアルオープン。

全ての部屋にプライベートプールが付いた別荘のようなヴィラ。7棟のヴィラのうち、5棟のプールサイドに新たにバレルサウナを設置。

沖縄 リニューアルオープン ホテル ヴィラ The Pool & Sauna Villa MOTOBU
(出典:[PR] 一休.com

The Pool & Sauna Villa MOTOBU(ザ・プール&サウナヴィラモトブ)
住所:沖縄県国頭郡本部町新里115番地1
電話番号:0980-43-1038
総客室数:7室
NEW プール
*2024年4月1日リニューアル(旧 プールヴィラ マリーナ本部 by コルディオプレミアム)

TWIN-LINE HOTEL YANBARU OKINAWA JAPAN(アネックス棟)

2023年8月、沖縄自動車道「許田IC」近く(車で約3分)にオープンしたホテル「TWIN-LINE HOTEL YANBARU OKINAWA JAPAN(トゥインラインホテルやんばる沖縄ジャパン)」。

2024年7月には新棟となるアネックス棟がグランドオープン。

2024年開業ホテル TWIN-LINE HOTEL YANBARU OKINAWA JAPAN
(出典:https://twin-line-hotel-yanbaru.jp/)

沖縄の“アート”と“自然”に囲まれて過ごす「ライフスタイルホテル」。客室や館内各所に結縄在住作家の作品を中心としたアートが彩る。また、ホテル前には天然ビーチ「ウィードビーチ」が広がり、沖縄の海を満喫できる。

「ライフスタイルホテル」とは?

デザイン性の高い空間と、宿泊以外の付加価値をテーマとしているホテル。

新しくオープンするアネックス棟(GREEN WAVE)では、沖縄やんばる(山原)の森をゆっくりと体感できる。

また、客室のインナーバルコニーにはジェットバスを完備。

2024年開業ホテル TWIN-LINE HOTEL YANBARU OKINAWA JAPAN
(出典:[PR] 一休.com

3つのラウンジでは、ビールや泡盛等のフリーフロー(飲み放題、時間無制限)とビリヤードダーツ等の遊びが愉しめる。

TWIN-LINE HOTEL YANBARU OKINAWA JAPAN(トゥインラインホテルやんばる沖縄)
住所:沖縄県名護市幸喜108
電話番号:0980-53-0330
総客室数:92室
リニューアル クラブラウンジ
*2023年8月12日リニューアルオープン(旧沖縄サンコーストホテル)
*2024年7月11日アネックス棟開業

西海岸リゾートエリア(恩納村・読谷村)

LAZOR SEA RESORT(ラソール シー リゾート)

読谷村にある秘境のビーチ「天浜(てぃんぬはま)」の目の前に2024年3月12日にリブランドオープンした「LAZOR SEA RESORT(ラソール シー リゾート)」。

全室オーシャンビュー。大自然が堪能できるパノラマ設計。

沖縄 読谷村 リブランドオープン LAZOR SEA RESORTラソール シー リゾート
(出典:[PR] 一休.com

2025年2月には海を一望できる礼拝堂「シエール教会」がオープン予定。

LAZOR SEA RESORT(ラソール シー リゾート)
住所:沖縄県中頭郡読谷村都屋45-1
電話番号:098-957-1100
総客室数:28室
*2024年3月12日リブランドオープン
客室は全室広々60平米以上のオーシャンビュー。

グランドメルキュール沖縄残波岬リゾート

旧ロイヤルホテル沖縄残波岬が「グランドメルキュール沖縄残波岬リゾート」として、2024年4月1日にリブランドオープン。

沖縄きっての景勝地・残波岬に位置する本格サンセットビュービーチリゾートホテル。

2024年開業ホテル グランドメルキュール沖縄残波岬リゾート
(出典:https://grand-mercure-okinawacapezanpa-resort.jp/)

2024年8月にはウォータースライダーや流れるプールも備えた沖縄内最大級の広さを誇る「オールデイプール」がオープン。

「オールデイプール」は4種類のプールと3種類のスライダーから成る新施設。水深25cmの子ども向け「わらばープール」全長128mの流れるプール「てぃんがーらプール」20歳以上限定の「ゆくるプール」といった個性豊かなプールが展開。また、沖縄内で初導入の大型スライダーを含む3種類のウォータースライダーが登場。浮輪に乗ってブーメランのような軌道で上昇降下を体験できる「ウルトラブーメラン」や、緩急のあるコースで迫力を感じられる「ハイパースネーク」、緩やかなカーブで滑り降りる「スーパースネーク」が楽しめる。

全客室ラウンジアクセス付き
スパークリングワインや赤ワイン、白ワイン、ビールなどのお酒をはじめ、コーヒー、ジュース、ハーブウォーターなどのソフトドリンクやおつまみが楽しめる。

気の向くままに滞在を満喫できる「オールインクルーシブ」プランも。

「オールインクルーシブ」とは?

宿泊料金に夕食、朝食、ビュッフェレストランやラウンジでのドリンク、大浴場やアクティビティなどが含まれている

東シナ海を望む展望風呂やサウナもあり。

グランドメルキュール沖縄残波岬リゾート(旧ロイヤルホテル沖縄残波岬)
住所:沖縄県中頭郡読谷村字宇座1575
電話番号:098-958-5000
総客室数:465室
リニューアル プール 大浴場 クラブラウンジ
*2024年4月1日リニューアルオープン(リブランド)
フランスを拠点とするホスピタリティグループ、アコーのプレミアムブランド「グランメルキュール」としてリニューアル。

那覇エリア

ホテルエアポートビューNAHA

2024年3月19日にオープン。那覇空港から車で10分。全室キッチン・洗濯機付きコンドミニアムタイプのホテル。

沖縄 那覇 新規オープンホテル ホテルエアポートビューNAHA コンドミニアム
(出典:https://airportviewnaha.jp/)

高層建物のない西側バルコニーからは瀬長島や那覇空港が一望!美しい海や夕陽、飛行機の離着陸も堪能できる。

また、宿泊者は那覇市や豊見城市でレキオスグループが展開するコワーキングスペースを利用できる特典も(2025年3月末まで)

ホテルエアポートビューNAHA
住所:沖縄県那覇市具志3-39-1
電話番号:098-996-7078
総客室数:94室
NEW
*2024年3月19日オープン

南部エリア(糸満・南城 他)

STORYLINE瀬長島

2024年4月11日にオープンする「STORYLINE瀬長島(ストーリーライン)」。
那覇空港から最も近い島「瀬長島」にオープン。空港からは車で10分、商業施設「瀬長島ウミカジテラス」は徒歩圏内。

2024年開業ホテルSTORYLINE瀬長島
(出典:https://senagajima-storyline.com/)

40~58㎡のツインルームから77~161㎡のスイートルームまで全101室は全てオーシャンビュー

最上階には空港の滑走路を一望できるインフィニティプール屋外温泉スパが。

宿泊者専用ラウンジ「スカイルーム」は管制塔をモチーフにしたデザイン。ソフトドリンクからアルコールまで全て無料で楽しめる(フリーフロー)

沖縄アウトレットモールあしびなー」や「DMMかりゆし水族館」へも車で約10分と利便性◎。

STORYLINE瀬長島(ストーリーライン)
住所:沖縄県豊見城市字瀬長155-1
総客室数:101室
NEW プール 温泉 クラブラウンジ
*2024年4月11日オープン

その他(宮古島・石垣島など)

宮古諸島(宮古島・伊良部島)

ホテルシギラミラージュビーチフロント

敷地面積約140万坪の広大なリゾートシティ「シギラセブンマイルズリゾート」に建つラグジュアリーホテルブランド「シギラミラージュ」の新たなホテル棟として「ビーチフロント」が誕生。

宮古島の南岸、リゾートの象徴となるシギラビーチの目の前に建つ地上11階建てのホテル棟は、宮古島でも有数の高層階ホテル。

沖縄 新規開業ホテル 宮古島 ホテル シギラミラージュ ビーチフロント
(出典:[PR] 一休.com

ガーデンテラスには温水対応のホテルゲスト専用プールが。

ホテルシギラミラージュビーチフロント
住所:沖縄県宮古島市上野字新里1405-271
電話番号:0980-74-7600
総客室数:93室
NEW プール
*2024年2月1日オープン

サントリーニ HOTEL&VILLAS 宮古島

宮古島と伊良部島を結ぶ全長約3.5kmの伊良部大橋の目の前にオープン。

2024年開業ホテル サントリーニ HOTEL&VILLAS 宮古島
(出典:[PR] 一休.com

安らぎと寛ぎを追求した全29室の客室は、90平米を超えるロイヤルスイートを筆頭にゆとりの空間が息づくラグジュアリー仕様。

レストランでは、地元宮古島の食材を駆使したスペシャルティを堪能できる。

サントリーニ HOTEL&VILLAS 宮古島
住所:沖縄県宮古島市伊良部字池間添長山1052-1
電話番号:0980-79-6541
総客室数:29室
プール
*2024年3月30日オープン

アヤンナ宮古島

宮古ブルーが目の前に広がる7室のスイートヴィラ。全室オーシャンビュー温水プール(プライベートプール)付き。

沖縄 新規開業ホテル 宮古島 アヤンナ宮古島
(出典:[PR] 一休.com

アヤンナ宮古島(AYANNA Miyako)
住所:沖縄県宮古島市伊良部池間添1130
電話番号:080-3075-0254
総客室数:7室
プール
*2024年4月26日オープン

YARABU RESORT(ヤラブリゾート)

「人と自然の融合」をコンセプトにホテル22部屋、スイートヴィラ3棟、プレミアムヴィラ1棟のスモールラグジュアリーな南国リゾート。

YARABU RESORT(ヤラブリゾート)
住所:沖縄県宮古島市伊良部池間添1109-1
電話番号:
総客室数:
NEW
2024年6月オープン予定 2024年8月1日オープン予定

ローズウッド宮古島

最高級ホテル「ローズウッドホテルズ&リゾーツ」が日本初進出。

全室オーシャンビューのヴィラ55棟。ヴィラのすべてにプライベートプールとガーデンが設けられ、各ヴィラからは遮るものなく海の眺望が楽しめる。

ローズウッド宮古島
住所:沖縄県宮古島市平良荷川取川原822‐1
電話番号:
総客室数:
NEW
*2024年 秋オープン予定

八重山諸島(石垣島・西表島など)

石垣島
VIVOVIVA ISHIGAKIJIMA(ビボビバ石垣島)

竹富島を望むコンドミニアムリゾート。全ての客室が50平米以上のオールスイートルーム

沖縄 新規開業ホテル 
 石垣島 VIVOVIVA ISHIGAKIJIMA ビボビバ石垣島
(出典:[PR] 一休.com

VIVOVIVA ISHIGAKIJIMA(ビボビバ石垣島)
住所:沖縄県石垣市新川舟蔵2485-3他
電話番号:0570-015-333
総客室数:98室
NEW プール
*2024年3月1日オープン

ネストホテル石垣マエサトビーチ

石垣島・マエサトビーチまで徒歩5分のビーチリゾートエリアにオープンしたファミリー滞在型ホテル。

もともとはビジネスホテルだった建物をリゾート滞在型の宿泊施設にリニューアル。

客室はシモンズ製のベッドを配置した6タイプで、いずれもシンプルで落ち着いたデザイン。

宿泊客が無料で利用できるプールと、子どもを遊ばせることができる芝生のキッズエリアも併設。

2024年開業ホテル ネストホテル石垣マエサトビーチ
(出典:[PR] 一休.com

高級リゾートホテルとビジネスホテルが多い石垣島で、リーズナブルに宿泊できるホテルを目指すんだそう。

ネストホテル石垣マエサトビーチ
住所:沖縄県石垣市真栄里345-4
電話番号:0980-87-7035
総客室数:82室
プール
*2024年5月15日リブランドオープン


2024年の沖縄の海開き 日程まとめページはこちら!

2024年の沖縄県内の花火大会まとめページはこちら!

2025年以降に開業予定のホテル

やんばるエリア

グランヴィリオリゾート沖縄大宜味村(仮称)2025年 開業予定
ルートイングループが展開しているリゾートホテルブランド。地上4階、地下1階、総客室200の施設を建設予定。

西海岸リゾートエリア

フォーシーズンズ・リゾート・アンド・プライベート・レジデンス沖縄(仮称)2027年夏頃 開業予定
運営は世界的な高級ホテルブランド「フォーシーズンズ ホテルズ アンド リゾーツ」。同ブランドのホテルは沖縄県内初進出。
2024年3月4日に起工式。
敷地面積は約14万平方メートル。ホテル127室、コンドミニアム124室、ヴィラ28戸。その他、屋内外プール・フィットネスセンター・スパ・ウエディングチャペル・レストランなどを設置予定。

(2024年3月現在)

中部エリア

リーガロイヤルリゾート沖縄 北谷2026年春 開業予定
観覧車を併設していた商業施設「カーニバルパーク・ミハマ」跡地に、コンドミニアムタイプのホテルを建設予定(全209室、18階建て)
運営はロイヤルホテル(大阪市)。
長期滞在も想定し、客室にキッチンなどを備えるコンドミニアムタイプ。屋上にはアメリカンビレッジを眼下に望むインフィニティプール、最上階にはプレミアムフロア(15~17階)の宿泊客向けのプレミアムラウンジ。サウナ付きの大浴場や、地元沖縄の新鮮な素材を活かした南国料理が楽しめるレストランも。ホテルの高さは取り壊された観覧車に近い59mに。

リーガロイヤルリゾート沖縄 北谷 新規オープンホテル
(出典:https://www.rihga.co.jp/okinawa-chatan-open)

リーガロイヤルリゾート沖縄 北谷
住所:沖縄県中頭郡北谷町美浜15-69
電話番号:
総客室数:209室
南部エリア

インターコンチネンタル沖縄美らSUNリゾート 2025年 開業予定?
2019年9月に「2023年に開業予定」と発表されていたが、新型コロナウイルスの感染症拡大に伴い工事を延期。
2023年7月の、IHGホテルズ&リゾーツのマネージングディレクター日本&マイクロネシア兼 IHG・ANA・ホテルズグループジャパンの CEO(最高経営責任者)アビジェイ・サンディリア氏のインタビューでは2025年に開業予定とのこと。

追記(2024/3/12)
2024年3月着工。ホテル棟とヴィラ棟で構成。運営は、国内でインターコンチネンタルブランドを展開するIHG・ANA・ホテルズグループジャパン合同会社(東京都)が担う。ホテル棟はRC造一部SRC造13階建て延床面積4万1,082㎡規模。工期は2年6カ月程度。ホテル棟道向かいに建設予定のヴィラ棟は、RC造一部S造5階建て延床面積1万4,822㎡、工期は2年2カ月程度。設計は(株)隈研吾建築都市設計事務所とHabitech Architectsの設計共同体が担当。
(出典:http://www.okitel.com/articles/7detail.php?article_id=2403121001&mode=detail2)

インターコンチネンタル沖縄美らSUNリゾート
住所:沖縄県豊見城市豊崎
電話番号:
総客室数:373室
NEW
*当初は2023年の開業予定で計画が進められていたが、新型コロナウイルスの感染症拡大に伴い工事を延期。2024年3月改めて着工。

琉球温泉 瀬長島ホテル(新棟)2027年3月 開業予定
現在の「瀬長島ホテル」に、3つのプールを備える地上9階建てのアネックス棟を建設予定。
高さ28mの7階部分に、隣の建物につながる透明なシースループールを設置する他、コースの一部が建物を飛び出すスパイラルスライダー、長さ100mのプールを備える。
127の客室が全て海に面していて、全部屋に露天風呂を備える。現在のホテルよりも高価格帯となる見込み。

(2023年11月現在)


*本記事に掲載されている情報は記事作成時点のもので、現在の情報と異なる場合があります

[参考]2022~2023年開業のホテル一覧

[PR] HISで行く南国の楽園・沖縄ツアー

[PR]
[PR]

タイトルとURLをコピーしました